V(VISION)とW(WORK)を大切に活動します

私たちは2020年に向けた選手の育成やスポーツ普及活動のビジョン、「ROAD to 2020」の中でいくつかのミッションを掲げています。

 どのミッションもかなりハードルの高いものですが、そのミッションは私たちに勝手に近づいてくることはありません。私たちが大きな情熱と不断の取り組みを続けて初めてつかみ取ることができるものです。

 嬉しいことに、少しずつ成果が出てきています。アカデミーのビジョンの一つである「年代別日本代表選手の輩出」「トップチームで活躍する選手の輩出」という大きな目標が、今年実現できました。U18に所属する選手が、トップチームの公式戦にデビューし、U17日本代表にも選出されました。少しずつですが、「育成の街・町田」の復活に近づいています。

また、念願のFC町田レディースも結成され、地域の女子サッカーの希望となれるよう船出しました。レディースチームが活躍することで、女子がサッカーに取り組むことが特別でなくなるような環境や文化を創っていきたいと思いますし、「女性が輝く街」の創造に寄与したいと考えております。

普及活動では、「出前サッカー1,000人」が目標です。スクールコーチの頑張りで、昨年は6,226人にサッカーの楽しさを出前しました。一昨年に比べ1,000名の増加です。これからも、サッカーやスポーツの楽しさを多くの人に広めていきたいと思います。

このように、2020年に向け一歩ずつですがビジョンが形になってきています。これも熱い気持ちを持って現場でワークしているコーチ達がいるからできることです。今年もまた、ビジョンをしっかり見据え、ハードワークできる集団になり、一つでも、少しでもビジョンを実現していきたいと思っています。

私たちの活動にご理解、ご支援をお願い致します。

2017年4月
NPO法人アスレチッククラブ町田
理事長   守屋 実