【School Diary〜子ども達の未来〜】 《第236回 元気いっぱいに》

※これは日頃のスクールでコーチが感じたことなどを書かせて頂きます。みなさんにお知らせしたい事、子ども達やコーチの思いなどを掲載していき、子ども達の輝かしい未来に繋がればと思います。

こんにちは!
しょーごコーチです!

2016年度も終わり、新年度に切り替わりました!
みなさん前年度を振り返ってみて、いかがでしたか?
自分なりに良い1年、成長のあった1年であったでしょうか?

私はこの1年を振り返ってみると、ゼルビアの一員になるまで、よく旅をしていました。
アジアの国々からヨーロッパ、アフリカにも1人で行ったりし様々な国の文化や言語、また現地のサッカーにも触れてきました。
たくさんのことを見たり、触れたり、感じたりと様々なことを体験できた1年でした。

そんな旅の中で私が感じた大切なこと。
どこの国や地域でも、もちろん私たちの生活の中でも大切なことを今回書きたいと思います。

私が大切にしていたこと、それはとてもシンプルです。

『あいさつ』をすることです。

心を込めて笑顔で元気よくあいさつを一言するだけで、お互い気持ちよく元気よくなれませんか?
私が旅をしていた時、一言、笑顔で気持ちよくあいさつするだけでもお互い笑顔になり、言葉やコミュニケーションがあまり取れずとも、あいさつを一言したことによって丁寧な対応や親切にサポートしてもらえたりしたという経験がありました。

どうでしょうか?
笑顔であいさつをすることだけで何かいい気分や清々しさを感じたりしませんか?
良い1日や、良い関係を作れそうではないですか?

また、あいさつという行為は今後大人になっていく上で大切なことの1つであり、常識やマナーの1つです。
あいさつができなくて、今後自分が恥ずかしい思いや、損をしてしまうこと
があるかもしれません。

それほどあいさつをすることには意味があります。

さてこれから、新年度になってスクール会場が変わるみなさんや、新しいお友達やコーチに、出会う人もたくさんいると思います。
そんな初めて会う、これからの仲間にも自分から進んで心の扉を開いて、気持ちよく心を込めて元気にあいさつをしてみてください。
それだけでもお互い良い気持ちになり、良い印象を持ち、すぐにお友達になれるかもしれません。

今年度もこんな元気なあいさつが響く、笑顔で元気いっぱいな楽しいスクールにみんなでしていきましょう!

4月3日から始まる今年度のスクール会場にて、みんなからの元気なあいさつを聞けるように楽しみにしています!

ひろめ隊 浅野 翔吾

前回はこちら


This entry was posted in ひろめ隊ニュース, スポーツスクールニュース. Bookmark the permalink.