【School Diary〜子ども達の未来〜】 《第231回 道しるべ》

※これは日頃のスクールでコーチが感じたことなどを書かせて頂きます。みなさんにお知らせしたい事、子ども達やコーチの思いなどを掲載していき、子ども達の輝かしい未来に繋がればと思います。

 

こんにちは。

2月からひろめ隊の一員になりました、細野貴裕です。みんなからは、ほそコーチやほそほそコーチと呼ばれています。現在、月曜ゼルビアフットサルパーク校、水曜小山校3.4年生クラス・アドヴァンスクラス、金曜南大野校、土曜ゼルビアフットサルパーク校を担当しています。

私のことを知らない方もいると思いますので、少しだけ自己紹介をさせていただきます。
私は神奈川県の伊勢原市出身の左利きの20歳です。好きな食べ物はお寿司。一番の趣味は映画観賞で好きな映画は007。興味が沸いたらなんでも挑戦する性格なので、意外と趣味は多いです。小学校からサッカーを始め、フットサルなども経験し、これまでずっとサッカーと共に歩んできました。

さて、今回私が書かせていただくことは皆さんの『夢』についてです。

皆さんには、夢がありますか?
なんでも良いです。お金持ちになりたいとか、いいお嫁さんになりたいとか…
スクール生のみんなは、『プロサッカー選手』が多いかな??

では、もう一つ質問です。
その『夢』を叶えるために今、何かをしていますか。

私には今まで一つの夢がありました。
それはサッカーのコーチになりたいという夢です。
私はこの2月に幸運なことに叶えることができました。

今回、伝えたいことはその夢のために今日から何ができるかを考えるということです。
私は一つの夢であったサッカーコーチになるために、たくさんの目標を作りました。
夢を叶えたいのが例えば20年後だとしたら、15年後にはこうなっていたい、だったら10年後はこう、5年後には、1年後には、半年後には、1か月後には、明日には、だから今日はこれを目標にする。

難しくなくていいから、少し先の目標を考えてみてください。
私も一番大きな夢に向かって少し先の目標を立てました。

ただ、夢を叶えようとすると漠然過ぎて、何をやるべきなのか、わからなくなってしまうこともあります。しかし、夢を叶えるために細かく目標を立ててみると、今の自分が何をするべきかわかってきます。

夢を叶えるために少し考えてみましょう。

コーチたちはみんなの夢を応援します。
どうぞよろしくお願いいたします。

前回はこちら 

ひろめ隊 細野貴裕


This entry was posted in スポーツスクールニュース, 町田ゼルビアスポーツクラブニュース. Bookmark the permalink.