【ZELVIA LADIES Diary~繋ぐ~】《第101回/菜食主義のアスリート》

お久しぶりです。
GK#21の柏野海佑です。

今回で早いことに3回目のDiaryになります!

今シーズンも既に約4ヶ月が経とうとしていますが、このFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブでプレーできている事に大変感謝しております。

今シーズンは、常に新しい事にチャレンジ→チェンジを生んでいきます。

そして、新型コロナウイルスの影響で試合や練習が行われない中、不安で過ごされる方が多いのでは無いでしょうか。今できることを皆様で協力し合い、そして私達は、アスリートとしての価値を改めて考え、行動に起こしていく事が最善だと考えております。

それでは、本題に入ります!!

前回、前々回と私の食生活をご紹介しましたが今回も毎度毎度引き続き「食」や「栄養」に関しして書いていきます。

私は、この自粛期間中にある映画を見つけました。それが『GAME CHANGER』という映画です。

この映画は菜食主義者(いわゆるVegan/PlantBase)を元に動物性を取らずに植物性の食べ物だけで過ごしているアスリートを語ったドキュメンタリー映画です。既にオリンピック選手やサッカー界にも存在するように、菜食主義者のアスリートは多くなってきていることが最近のメディアでも取り上げられています。果たして植物性だけの食事がどれだけ身体に影響を及ぼすのだろうか。

菜食主義者
一般的に、この言葉のからは、「細い」「スラっとした体型」をイメージしますが、重量を上げる為に増量が必要な競技者、そしてボディービルダーも多く居たことが分かり、そこに1番の驚きを感じました。

私は、肉や魚が大好きですし、卵や乳製品を常に取る事が最善のベストだと感じておりましたが、この映画で食に関する固定概念が変わりつつあるのかもしれません。チャレンジ→チェンジを生み出すキッカケとなるかもしれないので、徐々にVeganを食事に取り入れて身体の変化を感じてみたいと思っております。

映画の中での登場人物はオリンピックのメダリストが沢山出てくるので、少しでも興味がある方は是非、『GAME CHANGER』を見てみてください。

コロナの終息を願い、またピッチでサポーターの皆様とお会いできる日を楽しみにしております!これからも、サッカーを楽しみ、全力で戦いますので引き続き熱い応援宜しくお願い致します!

STAY HOME for our peace.


◆profile
柏野 海佑
1996年5月20日
GK

次回:2020年5月7日(木)

過去のダイアリーはこちら

npo法人アスレチッククラブ町田