【School Diary~子ども達の未来~】《第308回:遊び》

こんにちは!
夏が待ち遠しいしょーごコーチです!

今回は「遊び」について書きたいと思います。
私が担当しているクラスでは、今年からサッカーを始めた子が多く、スクールでは「どうやったら上手く伝わるかな?」「どうやったら上達出来るかな?」と毎日試行錯誤してスクールを行なってきました。

簡単なことから難しいことまで、とにかくボールをたくさん触ること。
遊びも取り入れながら、楽しみながらサッカーを取り組むこと。
その点を意識して取り組んでいます。

そして7月に入り、サッカーを始めて約3ヶ月。
まだまだボール扱いは拙いですが、ここ最近のスクールでは徐々にボールを扱えています。
びっくりさせられるようなプレーも垣間見えるようになってきました。

「最近すごく上手くなってるじゃん、いいじゃん!」

と、子ども達を褒めたりしていると、皆共通して「休みの日も学校終わってからも、友達とかお父さんと遊んだりしてボール蹴ってるよ!」と口を揃えて言う子が増えて驚きました。

サッカーにハマっているんだなと思い、同時に上達のきっかけは何かと考え、共通して「外で遊びボールを蹴っていること」なんだろうなと思いました。

私が小学生の頃はとにかく外で遊び、学校終わってからも友達とサッカーだけでなく様々な遊びを通して育ってきました。
遊びの中は、成功も失敗も学べる素晴らしい場だと思います。

時代背景もあり、なかなか外遊びがしにくい環境もあるかとは思いますが、子ども達が上達するきっかけや夢中になるためのきっかけは遊びの中ではないかと思います。
休みの日にボールを蹴ることは、お父さんお母さんは大変かと思います。
ですが、子どもの成長のためにも時折親子でも一緒にサッカーをしたり、外で遊んだりとして一緒に楽しんでください。

私もこれからも、遊ぶ気持ちや楽しむ気持ちをもって子ども達の成長をサポートしていきます!

ひろめ隊
浅野 翔吾

npo法人アスレチッククラブ町田