【School Diary~子ども達の未来 ~】《第302回:景色》

こんにちは!
しょーごコーチです!

新年度もスタートしました!
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
しょーごコーチはゼルビアに来て3年目になりました。
今年度も皆さんと共に、サッカーを楽しみながらお互いに実りのある1年にしていきましょう!

さて今回は「景色」について書きたいと思います。
景色と聞いたら、美しい景色など自然のものをまず思い浮かべると思います。
私はよく休みの日には、美しい景色や初めて見る景色を求めて色々な所に出かけたりもします。

美しい景色を見たり、初めて見る景色を味わった時は感動すら覚えます。
美しい景色や初めて見る景色。
普段の生活の中でいまの自分の見ている景色はどうでしょうか?
いまの景色を楽しめているでしょうか。

日々自分の見ている景色は、常に変わるものもあれば、なかなか変わら
ないものもあります。
変えたいものがある場合、いかにその問題にアプローチしていくか。
ただダラダラと何もせず過ごしていては、その問題を解決するには至らないかもしれません。

解決するためには自分から行動して、自分から新しい景色を探し求めていくしかありません。

大きく物事を変えるには、困難や不安もあり苦労がもちろんあるでしょう。
自分の景色を変えるためには、どんなことにもチャレンジし積極的に新しいものに向かい合っていくこと。
言葉では簡単に言えるけども、やってみると実際はとても難しい。
何度もくじけそうになったり、諦めかけることもあると思う。
その時、諦めたらそれはその程度の想いしかないということ。

大きく変えたいことはそうそう簡単ではない。

自分の景色を変えるためには日々考え積み重ね、自分で理想を追い求め
ていくしかない。
理想の景色を掴むためにも、自分のものにするためにも日々を大切に。

今年度も引き続きよろしくお願いいたします。
共に新しい景色、新しい世界を見れるように。

ひろめ隊
浅野 翔吾

npo法人アスレチッククラブ町田