【School Diary~子ども達の未来~】《第292回:積み重ね》

こんにちは!
しょーごコーチです!
朝晩は冷え込みが続き、冬の足音を感じる時期になりました。
子どもたちと共に、しょーごコーチも寒さに負けずサッカーに取り組んでいます!

今回は「積み重ね」について書きたいと思います。

何事も成し遂げるには、日々の積み重ねがとても大事になってきます。
試合でゴールを決めるためにも…
いいパスを通すためにも…
リフティングをたくさん出来るようにするためにも…

しかし成功のためには、たくさんの失敗もあり労力もかかります。

担当している、スクールのある1コマでは、4月からキックに取り組む時間を毎回設けているクラスがあります。
始めは、置いてあるボールを正確に蹴るところから取り組み、徐々に狙ったところに蹴ること、ボールを浮かすためには、どこに当てどこに踏み込むのかなど基礎から徹底的に取り組みました。

もちろん最初から上手くはいきませんでした。
子どもたちも上手くいかないと集中力も切れ、「もう無理」「もう出来ない」など始めは弱音を吐いていました。
それでも徐々に出来ることが増え、キックに取り組む時間が楽しくなってきたのか、
「今日もキックやろうよ!」と声をかけてきたりと、楽しくなっているのかな?と、ここ最近は感じてきています。

やはり成功すると嬉しく、出来ることが増えると楽しいものです。

成功を得るためには、ある程度まではすぐに成し遂げられるかもしれません。
しかし、いつか必ず壁にぶつかります。
その壁を乗り越えるためには、何度も練習をして積み重ねていくことが大事なのではないでしょうか?

そこで諦めたらそこまでの選手。
乗り越えるために日々努力し、積み重ねることが出来る選手がより大成することが出来るのではないか。
そして何よりも諦めないハートが大切です。

子ども達が真剣に取り組んで、成功した瞬間というのは私たちコーチも感動します。
子ども達が諦めず取り組んでいるのであれば、私たちも決して諦めません。

子どもたちの出来た!の声を聞くためにも、日々これからも共に向き合います。

ひろめ隊
浅野 翔吾

npo法人アスレチッククラブ町田