【School Diary~子ども達の未来~】《第286回:理由》

こんにちは!
ひろめ隊のありさコーチです。

猛暑が続く毎日、皆さんはどうお過ごしでしょうか。
私は水風呂や冷たい飲み物を飲んで、暑さをしのいでいます。
暑い夏を熱く過ごせるよう、これからも子どもたちと頑張っていきたいと思います!

さて今回は「理由」について書きたいと思います。

カレーは好きですか?
アイスは好きですか?
コーラは好きですか?

きっとこの質問に対して
多数の子どもたちが「はい」「好き」と答え、
「美味しいから」など理由も答えられるはずです。
しかし中には、「嫌い」という答えもあるでしょう。

「好き」「嫌い」になるためには、それが気に入ったり、気に入らなかったり、
心が惹きつけられたり、必ず理由があると思います。

では、サッカーは好きですか?

「はい」と答える人は好きだからスクールに通ったり、公園でサッカーをしたり、
FC町田ゼルビアの試合観戦をしていると思います。
「いいえ」と答えた人は、もしかしたらサッカーをするのも観るのも嫌いなのかもしれません。

「はい」と答えた人は何が理由でサッカーを好きになったのか。
例えば楽しいから。試合に勝てたから。シュートを決められたから。相手からボールを奪ったから。あの選手が格好良かったから。ゼルビアが好きだから。などたくさんあると思います。

「いいえ」と答えた人も
理由は様々あると思います。

この理由が重要なのかもしれません。
サッカーが好きな人はその理由を追及し、答えが多くなるほど、
サッカーにはまり、さらに今よりも好きになっていくのではないでしょうか。
サッカーが嫌いな人は、嫌いな理由がなくなればきっと好きになるはずです。

その理由を探すために私たちコーチがいるのかもしれません。
子どもたちがサッカーを好きになるために、さらに今よりも好きになるために
手助けをする。色々な角度で子どもたちと理由探しをする。

今すぐに全ての子どもたちに出来ることではありません。
しかし少しでも多くの子どもたちがサッカーを好きになるために、
その子にあったスピードで理由を探していきたいと思います。

ひろめ隊
庄司 有佐

npo法人アスレチッククラブ町田