【School Diary~子ども達の未来~】《第278回:サッカーを通じて》

こんにちは!
ひろめ隊のほそのコーチです!

4月にはいり、だんだんと暖かくなり、気が付いたらすっかり春になっていました!
そんな、ほそのコーチは、毎年この時期は花粉と戦っています。
花粉症の皆さん、あともう少し、共に頑張りましょう!

そんな4月は1年の中でも、新しいことが始まる月です。
1つ学年が上がり、中には小学生になる人もいますよね。
クラスが変わり、新しい先生、新しいクラスメイトになります。
新しい人との出会いが多い4月。

スクールも、4月は新しくFC町田ゼルビアのスクールに通い始める人が多い時期です。
さらには、学年が上がることでクラスの時間や曜日が変わる人も多くいます。

そんな中、FC町田ゼルビアフットボールスクールでも2018年度のスクールが今週から始まります。
最初のスクール、もしかしたら新しいコーチや初めて会う子もいるかもしれません。

これから一緒にサッカーをする仲間です。
誰もが「早く友達になって仲良くなりたい」と思うはずです。

しかし、まだ名前もわからなければ話したこともない。
何を話せばいいか、わからないということも多いはず。

そんなときには、是非、サッカーをしてみてください。
全員の名前がわからなくてもサッカーのルールを知っていれば、「ボール蹴ろうよ」「スクール始まるまで一緒に試合やろうよ」と話しかけるだけで、サッカーができます。

サッカーをしている中で、名前を聞けばいいし、呼んでほしい自分の名前を教えれば大丈夫。

ほそのコーチも初めて会う子どもたちとは、最初によくサッカーの試合をします。
サッカーを楽しみながら友達になっていく、仲良くなっていくことがたくさんあります。

今までの人生の中で、最初は名前も知らない人とサッカーをしてから仲良くなった人がたくさんいます。

せっかくサッカーできるグラウンドで、ボールがあるなら、サッカーをしてその人を知ってみてください。

4月になって、これからほそのコーチと初めて会う人もいると思います。
そんなときは、是非、一緒にサッカーをしましょう!

最後に、
2017年度は大変お世話になりました。
2018年度も引き続き、元気いっぱいワイワイ頑張っていきますので、1年間宜しくお願い致します!

ひろめ隊
細野 貴裕

npo法人アスレチッククラブ町田